株式会社設立支援や手続きの代行、法人成りや法人税等の節税対策や中小企業の資金繰りに関するご相談は大阪府堺市の税理士事務所「川村会計事務所」まで

税理士 川村会計事務所

〒590-0948 大阪府堺市堺区戎之町西1-1-6 ITKビル2F
阪堺電車「大小路」駅から2分、南海本線「堺」駅から徒歩6分

E-mail:info@kawamura-tax.jp

メールは24時間受付中

初回のご相談は無料です

0120-994-055

受付時間:平日9:00〜18:00

役員給与の注意点

□役員給与を決定する際には、次のことを注意してください。

  • 役員給与として毎月支給する月給は毎月定額であること。
  • 役員に賞与を支給する場合には、事前に賞与の額を決め、税務署に届出書を提出する必要あること。
  • 役員給与の月額や事前に届出た賞与を変更しようとする場合には、株主総会や取締役会で決議を行い、議事録を残すことが必要であること。


もし、上記の手続きをしなければ、役員の給与は税金の計算上、費用として認められなくなってしまいますので・・。

□役員給与には、もう一つの注意点があります。

平成22年4月1日以後に開始した事業年度については、下記の取扱いは法律改正により適用はありません。

それは、【特殊支配同族会社の業務主宰役員給与】というものです。

わかりやすくいえば、特殊支配同族会社に該当した場合には、業務主宰役員に対して支給する役員給与の一部は税金の計算上、経費とは認められないという制度です。
 
・特殊支配同族会社とは、 

(1)業務主宰役員(通常は社長)及びその親族等の持株割合が90%以上
で、かつ
(2)全役員(非常勤の役員を除く)のうち、社長とその親族等の役員の数が50%超
の場合が特殊支配同族会社に該当します。
 
 
では、特殊支配同族会社に該当しないようにするにはどうすればよいか?
(1)社長とその親族等の持株割合を90%未満にする。
(2)非常勤ではない役員の数を増やし、社長とその親族等の役員の数を50%以下にする。
(1)と(2)に共通ですが、親族ではない他人が役員になったり、他人に株式を譲ることになりますので、対策は慎重に行ってください。

□特殊支配同族会社となっても適用除外となる場合

特殊支配同族会社に該当しても下記のいずれかに該当した場合には、社長の役員給与の一部が税金を計算するうえで、費用とならない取扱いから除かれる場合があります。(つまりは、通常通り社長に対する給与が経費となります。)

(1)基準所得金額が年1600万円以下
(2)基準所得金額が1600万円超3000万円以下で、かつ過去3年の社長の給与の平均が基準所得金額の50%以下

基準所得金額とは、【過去3年分(社長の役員給与と会社の利益)を平均した金額】
ただし、設立1期目の場合には過去がないので、【社長の給与の年額+会社の利益】で計算をします。

簡単にいうと、会社の利益と社長の給与の年額の合計が1600万円以下であれば、社長の役員給与は税金計算上も全額経費となるということです。(この説明ではわかりやすくしていますので、実際の計算はもう少し、複雑になる場合があります。) 
 
 
□特殊支配同族会社に該当した場合し、適用除外の要件にも該当しない場合
(社長の役員給与の一部が経費と認められないことになります。)
特殊支配同族会社に該当し、適用除外の要件にも該当しない場合には、社長の役員給与のうち、給与所得控除の金額に該当する分の金額が会社の費用から除外されることになります。

 社長の給与年額

 会社の費用から除かれる金額

 65万円以下

 社長の給与の全額

 65万円超180万円以下

社長の給与の金額×40%

(その金額が65万円に満たない場合には65万円)

 180万円超360万円以下

 72万円+(社長の給与の金額−180万円)×30%

 360万円超660万円以下

 126万円+(社長の給与の金額−360万円)×20%

 660万円超1000万円以下

 186万円+(社長の給与の金額−660万円)×10%

 1000万円超

 220万円+(社長の給与の金額−1000万円)×5%

例えば、社長の給与の金額が1000万円だった場合には
186万円+(1000万円-660万円)×10%=220万円が税金を計算するうえで、経費とは認められなくなります。
影響する税金の額は220万円×40%=88万円も税金が増加することになります。
役員給与には十分気をつけてくださいね。

お問合せ・無料相談

当社では、各種ご相談・お問合せを承っております。
どうぞお気軽に電話又は下記のお問い合わせフォームよりお問合せください。

お気軽にお問合せください

よくあるご質問
  • 税務調査への対応を依頼したい
  • サービスについてもっと詳しく聞きたい
  • とりあえず相談したい
  • 会社を設立したいが、何から手をつけていいのかわからない
  • 会社を設立したが、役員報酬はいくらにすればいいだろうか

その他疑問に思ったことはお気軽にご相談ください。

お電話・メールでのお問合せ・ご相談はこちら

受付時間:平日9:00〜18:00

E-mail:info@kawamura-tax.jp(24時間受付けています)

無料相談実施中!

初回のご相談は無料です

受付時間:平日9:00〜18:00
メールは24時間受付ています

お問合せフォームはこちら

マスコミからの取材実績

Fuji Sankei Buisiness iから取材を受け、平成22年5月31日の新聞の記事に掲載されました。

記事ページを拡大(PDF)

日本経済新聞社から取材を受け、平成22年7月3日付けの日本経済新聞の記事に掲載されました。

記事ページを拡大(PDF)

日経産業新聞から取材を受け、平成23年2月25日付けの記事に掲載されました。

記事ページを拡大(PDF)

ご連絡先はこちら

大阪 堺市の税理士
川村会計事務所
(税理士事務所)

0120-994-055

072-232-1088

072-230-4010

info@kawamura-tax.jp

住所

〒590-0948
大阪府堺市堺区戎之町西
1-1-6 ITKビル2F

代表者

川村和弘

代表者プロフィール

アクセス

阪堺電車 大小路駅から2分
南海本線 堺駅から徒歩6分

事務所概要

対応地域

堺市北区・堺市南区・堺市西区・堺市東区・堺市中区・堺市堺区・堺市美原区・高石市・藤井寺市・和泉市・泉大津市・泉南市・阪南市・枚方市・守口市・茨木市・吹田市・池田市・八尾市・大阪市西区・大阪市東淀川区・大阪市東成区・大阪市都島区・大阪市住吉区・大阪市東住吉区・大阪市平野区・大阪市中央区・京都市・大津市・向日市・宇治市・和歌山市・和歌山県有田郡湯浅町など。

その他の地域もご相談ください。