株式会社設立支援や手続きの代行、法人成りや法人税等の節税対策や中小企業の資金繰りに関するご相談は大阪府堺市の税理士事務所「川村会計事務所」まで

〒590-0948 大阪府堺市堺区戎之町西1-1-6 ITKビル2F
阪堺電車「大小路」駅から2分、南海本線「堺」駅から徒歩6分

メールは24時間受付中

初回のご相談は無料です

0120-994-055

受付時間:平日9:00〜18:00

資金繰りが大切な理由

1.資金があることで企業は存続できる
資金が不足すると、買掛金の支払いができない、借入金の返済ができないことになり、やがて倒産してしまいます。赤字でも資金が回れば倒産はしません。逆に黒字でも、資金が不足すると倒産することもあります。要するに資金の流れを止めないようにさえすればいいのです。そのためには、資金繰り予定表を作成し、資金が足りなくなりそうな時期をあらかじめつかみ、早めの対応をとるようにしてください。
 
2.黒字倒産を避けるために
皆さんは【勘定合って銭足らず】という言葉を聞いたことがありますか?利益は出ているのですが、資金が不足している状態をいいます。なぜこういう状態になってしまうかというと、答えは【信用取引】にあります。

簡単な説例で説明します。

商品を1個100円を現金で仕入れ、その商品を200円掛け(信用取引)で販売(入金は翌月)
を行い、決算を迎えた場合を考えてみましょう。

会計上の利益
売上 200
仕入 100
利益 100
実際の現金の流れ
売上入金

0

仕入支払

100

差引 △100

帳面上の利益は100となりますが、実際には売掛金200の入金がないため、現金の流れは△100となります。ここでのPointは帳簿上の利益と実際の現金の流れは異なるということです。

この信用取引によって会計上の利益と実際の資金の流れが異なることになります。

だから資金繰表の作成が必要になるのです。

無料相談実施中!

対応地域:堺市・和泉市
高石市・岸和田市・泉大津市・泉南市・大阪市
 

初回のご相談は無料です

0120-994-055

受付時間:平日9:00〜18:00
メールは24時間受付ています

マスコミからの取材実績

Fuji Sankei Buisiness iから取材を受け、平成22年5月31日の新聞の記事に掲載されました。

日本経済新聞社から取材を受け、平成22年7月3日付けの日本経済新聞の記事に掲載されました。

日経産業新聞から取材を受け、平成23年2月25日付けの記事に掲載されました。

ご連絡先はこちら

大阪 堺市の税理士
川村会計事務所
(税理士事務所)

0120-994-055
072-232-1088
072-230-4010
住所

〒590-0948
大阪府堺市堺区戎之町西
1-1-6 ITKビル2F

代表者

川村和弘

アクセス

阪堺電車 大小路駅から2分
南海本線 堺駅から徒歩6分

対応地域

堺市北区・堺市南区・堺市西区・堺市東区・堺市中区・堺市堺区・堺市美原区・高石市・藤井寺市・和泉市・泉大津市・泉南市・阪南市・枚方市・守口市・茨木市・吹田市・池田市・八尾市・大阪市西区・大阪市東淀川区・大阪市東成区・大阪市都島区・大阪市住吉区・大阪市東住吉区・大阪市平野区・大阪市中央区・京都市・大津市・向日市・宇治市・和歌山市など。

その他の地域もご相談ください。